2010年09月21日

結婚生活で、頭の良い男性も家事はほとんどできない




頭の良い女性は、頭が良くない男性には満足しないので、結婚相手にも

たいてい、頭の良い男性を選びます。


ただ、男性の場合も、女性と同じように、偏差値と家事能力が逆比例するので、

頭の良い男性は、「家事ができない男たち」 なのです。



彼らは、日曜大工ができず、赤ちゃんのおむつを替えられず、赤ちゃんをお風呂

に入れられないなど、ほとんど家事ができません。


車の運転もヘタです。


「週末に車を運転して、家族をキャンプに連れて行く」 というようなことは、

体育会系の人にはできますが、勉強一本で就職して、「事務仕事で出世しよう」

と考えている男性は、だいたい、そのようなことが苦手なのです。


そういう男性は、「休日には家でゴロンとしていたい」 と思うものなので、

日曜日になると、奥さんに、「おまえは、いつも家事をしない。日曜日の朝

ぐらいご飯をつくれ」 とか、「昼ぐらい、ご飯をつくれ」 とか言い出して

夫婦げんかが始まるのです。


こういう状態の夫婦に、どちらかの親が同居していると、奥さんの親ならまだ

よいのですが、夫の親は、「事務仕事で疲れきった嫁」 というものを

なかなか理解できないのです。


ここでもケンカが始まります。


そのため、親と同居していると、家事は助かるものの、心労が生じてきます。


本当に、八方塞がり(はっぽうふさがり)で、つらいだろうと思います。





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村


posted by 宇田 夏生 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | happyな結婚力とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。