2010年09月28日

結婚をせいこうさせるには、まずは 「自分を知ること




 2疑問.jpgあなたはどんな人ですか?


多くの人は、なんとなく結婚もいいなと思っていて、「私は絶対結婚したくない」

なんて思っている人は少ないそうです。


でも、「こういう人が現れれば・・・」 と漫然と考えているだけでは、人生は

そういう方向には行かないものです。


結婚したいと思ったら、具体的に考えることが大切です。


と言うと、誰もがどんな相手がいいかを考えますが、

はじめに向き合うべきなのは、「自分」 です。


就職活動で言えば、「エントリーシート」 を書くことにあたります。


自分はどういう人間なのか、どんな人生を歩みたいのか、何を大切に

しているのか。

こういったことを考えて、まずは自分を知ることです。


すると、どんな相手が理想なのか、だんだんはっきりしてきます。


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 わからない.jpg人生を振り返ってみよう。


「自分を知る」 というのは、生まれてから今までの自分の人生を振り返る、

「生涯反省」 のようなものです。


育った家庭や、人生の節目で自分が取ってきた行動や決断を振り返ると、

自分の 「傾向性」 が見えてきます。



案外、育ててもらった家庭、両親の影響は大きいものです。

考え方の原点になるものは、そこで培って(つちかって)いるんですね。


大人になる過程で、親に反発したこともあれば、言う通りにしたこともあると

思います。

親がうるさく言わなくなって、自分で何でも決めるようになってからは、

どうでしょうか?


自分がどのように判断して、進路を選択してきたかを、自分や家族の立場を

離れた第三者の視点で、つぶさに振り返ってみませんか?



すると、正しかったと思えることもあれば、後悔することも当然あると思います。


大切なことは、それをすべて自分の責任だと思えるかどうかです。


これは親のせいだ、兄弟のせいだ、と思いたい気持ちも出てきます。

そこをグッとこらえて、自分の人生は、自分の責任で生きてきたと思えたとき、

「未来」 も自分の力で、主体的に切り拓いていけるという自信が生まれます。



結婚前に、そういう心境の変化を経験する方は、けっこう多いそうです。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 なるほど.jpg でこぼこがあっていいのです。


もう1つ大切なことは、「でこぼこがあっていい」 ということです。

男性は、こうじゃないとモテないとか、

女性は、こういう人が早く結婚しやすいという画一的なイメージは、

結婚できるかどうかとあまり関係がありません。


どんなにイケメンで頭がよくて、収入のある男性でも、その人に何百人もの

女性が結婚したいと集中するかというと、そんなことはありません。


なので、「私なんかダメだ」 と思わないで、もっと自分のいいところを

探してみましょう。


それが一番大事です。


就職活動では、自分を売り込むために 「強み」 をアピールしますよね。

結婚も同じです。



それまでに乗り越えてきた大切な経験や、自分の傾向性を知ることでもあるし、

結婚後の人生をイメージすることにもつながっていきます。





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村


posted by 宇田 夏生 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 婚活力アップ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。