2010年08月13日

[ 「素晴らしい相手」 よりも 「ふさわしい相手」 




夫婦は、「素晴らしい相手」 というよりむしろ、「ふさわしい相手」

と言うほうが正しいでしょう。



私たちは何度も生まれ変わって、様々な時代に人生を送っています。

なぜ、そのような仕組みがあるのかというと、より素晴らしい人間になる

ためです。


ですから、あなたの魂が、進化向上する上で、今経験すべきことをしっかり

経験できる、もっとも 「ふさわしい相手」 が夫であり、妻なのです。


小鳥.jpg

そういう人生観で考えてみると、「幸福」 という言葉の中身がちょっと

違ってきますね。


波風が起きず、楽しく暮らせることも幸福ですが、問題にぶつかり、解決に

向けて努力していけるのも幸福なことです。


もし、他人が相手なら避けて通るような問題でも、夫婦だと正面から向かい

合わざるをえません。


それは苦しいものですが、だからこそ、あなたの魂の成長に必要な経験が

得られるのです。


そうやって向かい合えるたった一人の相手がいるということは、ありがたい

ことだと思います。


もちろん、努力して離婚に至ることはあるでしょう。


ただ、それも他人を相手には経験できない学びです。

離婚は推奨しませんが、無駄なことはひとつもないと思います。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村


posted by 宇田 夏生 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | happyな結婚力とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。