2010年05月25日

結婚は、1つの選択




結婚は、1つの選択です。

ただし、他の選択とはわけが違います。


結婚は、愛していれば誰とでも、というものではありませんよね。

一生を共にできる相手を選ぶ、ということ。


相手をほんとうに愛しているからといって、その人が自分の結婚相手である

とは限りません。



生涯のパートナーを選ぶこと。

 これは、2人の仲の良し悪しを基準にして、頭の中で決断を下すことでは

 ありません。


 相手から受けるフィーリングを相対的に評価して決めることでもありませ

 ん。

 相手の外観を見て判断することとも違います。


もっと深遠なる行為なのです。


魂がその人との結婚を望むとき、私たちは、まるでこの赤い糸を引き寄せる

ためにこの世へ生まれてきたかのように感じます。


2人が生きていくことが運命のように思えるのです。


真に相手を理解して、自分のほんとうの気持ちを知ることができるのは、

私たちの心が開かれ、愛で満たされているときしかありません。


確かに、心を開いているときにしか、ぴったりした相手を選択することは

できません。



そして、心が開いていれば、相手がふさわしくないことも確実にわかるもの

なのです。



このことをよく理解していれば、罪の意識や恨みを抱かずに、きっぱりと

別れられます。


愛されていたはずなのに、拒まれたとか、裏切られたような気持ちになる

こともなく、このように現実を認めることができます。


  そう、あなたは私を愛してくれた。                                                    でも、お互いにふさわしい相手ではなかった。

  私はあなたのパートナーではなかった・・。


  がっかりしているし、傷ついてもいる。

  でも、許してあげましょう。

  どうか、お元気で。


  もうこれで、私にふさわしい相手を探しに、新たな一歩が踏み出せる!





人気ブログランキングへ



posted by 宇田 夏生 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分にふさわしい相手を見つける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。